「キャサリン・ウルフ」脳幹卒中後遺症との闘い1-シェパードメソッドピラティス

今週も、ご訪問下さり、ありがとうございます
クライアント「キャサリン ウルフさん」のお話です。
キャサリンは、写真右です

K1

モデルだったキャサリンは、6年前、26歳の時、
脳幹卒中で、突然倒れてしまいました。
生まれて6か月の子供がいて、まさに幸せ絶頂の時に
彼女を襲った不幸でした。
状況はひどく、医者も「助からないかもしれない」と
言ったようですが、16時間の手術を経て、
奇跡的に一命を取りとめました。
しかし、手術で小脳の60%が除去された為に、
その部分が司っていた体の動き、体のバランスを
取る部分に障害が残り、右半身が極端に弱く、
マヒした状態になってしまいました。
彼女はバランスを取って歩くはもちろん、
人の補助がないと立つこともできない状況でした。
また、そのマヒの為に、喋ることや食べることも
できませんでした。
ひどい複視や極端な難聴、顔のマヒも残り、
手もスムーズに動かない状況だったと伺いました。
また、リサのクラスを週に2回、半年ほどレッスンを
繰り返した頃に転んでしまい、脛骨を複雑骨折して、
それ以来、脚に鉄の棒を入れて生活されています。
下の写真は、脚の手術後、
リサとリハビリを行う、キャサリンです

K2

そして、昨年もまた手術を受け、
脳の動脈瘤を克服されています。
これまで、合計2年半ほど、リサのクラスを取り続け、
全力で回復に向けて努力を続けられている、
キャサリンです。
リサ曰く、「非常に厳しい状況だが、彼女には”治りたい”
という強い意志と、絶え間ない努力を続ける能力がある。
彼女は必ず回復するだろう。」と言っています。

K3

リサ自身が、脳腫瘍の植物人間状態から
回復してきた人なので、キャサリンが、どれだけ
大変な努力を続けているかが、身を持って分かるのだと思います。
(リサのこのストーリーは、こちらのブログページをご覧ください
「脳腫瘍からの奇跡のカムバックストーリー」 2014-03-09)
一度、リサとキャサリンが、
「自分に起こったことをどう思うか」
という話になった時、キャサリンは
「誰でも、何らかの”問題”があるよね。ただそれだけ。」
と言ったそうです。
こんな大変なことに直面している方が、こんなことを
口にされるなんて、やはり、私を含めて普通の人の
「意識のレベル」にいる方じゃないですよね。
私も本当にキャサリンの回復を心から
お祈りしたいと思います。
最後に、こちらのキャサリンのビデオを
是非、ご覧になって下さいね。
私が言うのもおこがましいですが、まだ、
彼女の完全回復までは時間がかかるかもしれません。
ですけど、手術後、全く喋れなかった彼女が、
ここまでこれたのも、彼女の状況で、
ピラティスを週に2回続けてきた
彼女の努力の賜物だと思いませんか?
確かに、ピラティスはすごいです。
ピラティスを、もし選んでなければ、ここまで
彼女は回復してないかもしれません。
でも、それを2年半続けてきたキャサリンと
それをサポートしてきたリサの
努力の賜物以外の何物でもないと、
私は思いました
ジョセフ・ピラティスに指導を受けた ロン・フレッチャーの愛弟子、

リサ・シェパードのスタジオです。

スタジオで教えられているカリキュラムが、PMAの認定を受けています。

クラシカルスタイルです。

リサは、35年以上のピラティスの指導経験があり、
多くのテレビ番組・新聞等で特集されています。
-ピラティススタイル
-フィットネスエキスパート(TNNアメリカンマガジン)
-ショッパーズテレビジョンネットワーク
-KTLA モーニングショー
-LA TIMES
*著書の一つに、こちらがあります。
「Pilates! A gentle formula to a strong body」
*リサは、アメリカで著名な整形外科院である
以下の二人の整形外科医
の指示のもとで、 セラピスト達にピラティスを教えています。
Theodore B. Goldstein, MD
Brad L. Penenberg, MD
*リサは、サンディエゴで開かれる、2014 PMA annual meeting
のプレゼンターを務める予定です。
それでは、また来週

About the author: pilatesamerica

Leave a Reply

Your email address will not be published.