スペシャルニーズに答える為のピラティス

今日も、ご訪問下さり、ありがとうございます
先週から、今後日本でセミナーを行う
先生たちのワークショップのテーマについて
少しづつ、お話しています。

063014

今週は、ロスでピラティス指導歴37年、
現在、PMAのディレクターを努めるリサ・シェパードです。
リサのスタジオは、そのカリキュラムがPMAに認定されています。
そのリサが、日本でワークショップを行う予定です。
*このワークショップの受講を通して、PMAのクレジット取得が
できるように、現在申請中です。
今回のテーマは、
「スペシャルニーズに答える為のピラティス」。
主に、以下の症状を持つ人たちに、
有効なピラティスの知識・スキルを紹介します。
1. 狭窄(症)
2. 脊柱側弯(症)
3. 関節炎
4. 脳損傷
5. 負傷後の治療とそれを防ぐためのエクササイズ
0831

リサのスタイルは、クラシカルですが、
ピラティスと様々な医学知識を融合させて、
更に良いものを作り上げる活動もしています。
リサは、アメリカで著名な整形外科院である
スパイン インスティテュートで、
Theodore B. Goldstein, MD
Brad L. Penenberg, MD
の元、セラピスト達にピラティス知識の指導をしています。
また、ロサンゼルスで著名なカイロプラクター
David E. Tannenbaum, D.C.と組んで、
病気や体の不具合を、ピラティスアプローチ
からだけではなく、心理面から問題の源を探り、
治癒することを目的としユニークなピラティス
「BAM」も作り上げています。
ワークショップの詳細が決まり次第、また
こちらで発表致します

ご質問などあれば、お気軽にお知らせ下さいね。
それでは、また来週
LALA STYLE

About the author: pilatesamerica

Leave a Reply

Your email address will not be published.