東京銀座ワークショップ(8月22日)その3

今週も訪問くださり、ありがとうございます
8月22日、東京銀座でのワークショップが、遂に
来週となりました。まだ若干ですが、席に空きがございますので、
ご興味のある方は、ご連絡下さいませ
さて、ワークショップ午前中のテーマは、「鍼とピラティス」です。
  (詳細と申し込みフォームはこちらです。)

2

このクラスは、西洋で作られた「ピラティス」に、東洋医学の「鍼」の
知識を加えることで、ピラティス指導者のセッションの幅を広げること
を目的としています。
基本的に、西洋の病気に対するアプローチは、その根本原因を
見つけ出し、除去することで治癒させるというものが一般です。
その一方で、東洋医学では、体の状態のアンバランスから
病気の症状は生まれており、自然治癒力によりそれを取り戻せば、
病気は治るという考え方が一般的です。
具体的にいうと、「気・血・水」のバランスが問題なく保たれている時が
健康状態であり、それらのバランスが崩れると病気が表面に出てくる
というわけです。
鍼では、そのバランスを回復させる為に、「気」と「血」が体内を
巡る為の通り道である「経絡」を刺激して、スムーズな「気」と「血」
の流れを作っていくのです。
具体的には、ワークショップで説明される「経絡」を学び、それを
指で刺激する方法を学べます。
そして、その知識とスキルを、ピラティスレッスンの中で、生かしていく
方法を紹介します。
また、鍼灸師の方は、ピラティスエクササイズの基礎を学ぶことにより、
通常の鍼治療だけでなく、ピラティスエクササイズやその概念を
取り入れた、更に効果的な治療を行えるようになるのです。
こんなユニークなワークショップが開催できるのは、今回の講師が、
ピラティスマスターであり、同時に鍼のクリニックを経営している
リハビリのプロだからです。
ロマーナスタイルのマスタートレーナーであり、鍼整形外科学にも
精通しているシーナ・ヨングネイルのワークショップ、お見逃しなく

1

それでは、今までにに寄せられたご質問にお答えします。
参加をご検討中の方、ご参考にして下さいね。
Q1.ワークショップ当日は、何を持って行けば
良いでしょうか?
A1.筆記用具だけ持ってきて頂ければ大丈夫です。
マットは、スタジオにあるものをご利用頂けますし、
テキスト等もお渡しします。
Q2. ワークショップを終了すれば、
修了書がもらえるのでしょうか?
A2. もちろんです。
「ロマーナピラティス」と「パワーピラティス」で認定されている
シーナが行うクラスは、本場でも高い評価を受けています。
そのワークショップを終了したことを示す修了書を、
ワークショップを終了された方のみにお渡しします。
Q3.今回は早速申込しましたが、今後も本場マスターの
ワークショップ
が来日する際には、情報を頂きたいと
思いますので、宜しくお願いします。
A3.米国トレーナーが日本でワークショップを行う際は、過去に
ご連絡を頂いた方に情報を配信致しておりますが、もし、
Sales@PilatesAmerica.net
までご連絡を頂ければ、配信リストに追加させて頂きます。
お手数をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いします。
他にご質問等ございましたら、お気軽にお知らせ下さいませ。
それでは、また来週
LALA STYLE

About the author: pilatesamerica

Leave a Reply

Your email address will not be published.