「上半身の疾患にピラティスで対応する方法」を学びたい指導者、治療家の方へ

もし、アメリカのピラティスマスターから『ピラティスを首、肩、背中の疾患に適用させる方法』
が、お得に動画で学べるとしたら、興味ありませんか?

もしあなたが、真剣に首、肩、背中の疾患に対応するピラティススキルをアップしたいとしたら、
『本場アメリカピラティスマスター』の知識とスキルを学べる動画をご用意しています!

 

今すぐ学びたい方、ここをクリック!

 

『上半身の疾患に対応するピラティス』ワークショップ。

38000円で受講頂いた『4時間ワークショップ』を、オンライン動画にて
税込18900円でご提供しています!

・当日、配布されたマニュアルも、ご覧になれます。
・何度でもオンライン動画をご覧になれ、より深く理解できます。
(返金後はご覧になれません)
・動画の大半は参加者の様子ではなく、指導するマスタートレーナーの講義になります。
・日本語通訳も含まれておりますのでご安心下さい。

返金保証あり!

購入後1週間以内に、ご満足頂けない内容部分について、お聞かせ下さい。
返金手数料5500円を除いて、返金させて頂きます。

 

ワークショップの概要

貴方には、首、肩、背中等を傷めたクライアントさんはいませんか?

このワークショップは、上半身の解剖学と機能について学びます。
中でも特に、肩、首、そして背中上部に関わる問題と、それらの機能を向上させる為に、
『どのようなエクササイズを施すべきか』について分析していきます。

更に、こういった問題をもつクライアントが『避けるべきエクササイズの種類』や
『更なる怪我や問題 を防ぐ為の、現状エクササイズの修正改良法』、また
『それらの問題を抱えるクライアントを治療する為のピラティスエクササイズ』
が紹介されます。

更に、各ピラティスエクササイズで最大限の結果をだす為に、様々なエクササイズで、
大きな筋肉群と補強的な小さな筋肉群を、上手い按配で活用する方法を紹介していきます。

このワークショップに参加頂いた皆様は、首や肩や背中上部の問題の治療に必要な
エクササイズを学び、それを講師と共に行い、問題点をその場で指摘されることで、
しっかりとピラティスを用いた対処方法を身に付けて頂きました。
今回は、そのワークショップ映像を、ご提供させて頂きます。

 

今すぐ学びたい方、ここをクリック!

 

LAのマスタートレーナーから学べるものとは?

皆さんご存知のように、ピラティスが最初に発展した地はアメリカです。
ピラティス氏は、ドイツ出身ですが、ニューヨークに移住した後、最初のスタジオをオープンしました。
そういう理由で、アメリカのピラティスは、日本の数倍先を行くと言われています。
100年の歴史を誇るピラティスに、最近のフィットネス動向が加わり、同じピラティスでも、
様々な差別化を可能にするピラティスが、アメリカでは出てきています。

「アメリカで起こることは日本でも起こる」と言われるのは、フィットネスも例外ではありません。
現在、ITの発展により、アメリカで起きたことが日本で起こるのに何年もかかることはなくなり、
タイムスパンも短くなりましたので、日本の運動指導者は、アメリカで起きていることを、
より早く取り入れなければ、「大勢の中の1人」になって埋もれてしまいます。
だから、最新のピラティス動向をアップデートして行くことは重要なのです。

また、アメリカの医療技術や薬・生理学のレベルは世界一だと言われ、LAでも名だたる大学病院が
立ち並んでいますが、その一方で、体の疾患を治すのに、薬に頼りがちな医療機関も増加しています。
その中で、薬を使用せず、エクササイズで自然に怪我を治療する、ピラティスの信頼性が上昇して
きています。この傾向は、既に日本でも存在していますが、日本の指導者には、是非、この事実
が引き起こす環境にピラティスを活用する方法を学んで頂きたいと思います。

更に、新しいフィットネスの生まれる地としても有名なLAでは、怪我や疾患を経験する運動選手も
圧倒的に多く、彼らをエクササイズで治療してきたピラティスマスターの経験や知識・スキル
から学べるものは大変貴重な財産になります。

同時に、様々な体の疾患に対して、ピラティスで効果的に対応できる方法をアップデートすることで、
他の方と大きく差別化できるようになれます。

 

◆ワークショップ動画で学べること

・上半身の筋肉と関節に関する解剖学のレビュー
・実在するLAのクライアントのケースに基づく指導法
・上半身の怪我やスペシャルコンディションに応じて、ピラティスを柔軟に適応させる方法
・正しい筋肉を使用して、クライアントが怪我から回復するのを最大限にサポートする方法
・マットで、更に効果を出すためのプロップの適応法
・ミスアラインメントや、構造的問題を正しく評価する方法

◆こんな人へお薦めのワークショップ動画です!

・ピラティスの本場であるアメリカで、マスターが取り組んだ実際のクライアントのケースから学びたい方
・ピラティス・ヨガ指導者、パーソナルトレーナーで、上半身に疾患のあるクライアントの指導法を身に付けたい方
・上半身の怪我を未然に防ぐため、ピラテイスを生かしたい方
・上半身の治療にピラテイスを生かしたい治療家や医療従事者
・日本語訳付のワークショップ映像を何度も見て復習し、身に付けたい方

◆商品内容

オンライン動画:3時間45分
テキスト:PDF
特典:当日配布されたマニュアル  
※ワークショップ参加者以外には、通常、手に入らないものです。
 これを見て学んで頂くだけでも価値があります。

◆マニュアルの目次

1.ピラティス解剖学 
・身体の骨の構造
・骨の構成について
・軸骨格とは?
・体支骨とは?
・身体の筋肉
・筋肉とその機能とコントラクションとは?
・上半身の筋肉群
・上半身における筋肉の動き
 ピラティスを指導する際に必要な筋肉の動き
2.疾患のコンディションと禁忌行為
・癒着性関節包炎  (肩関節周囲炎)
・肩腱板損傷
・線維筋痛
・多発性硬化症
・変形性関節症
・骨粗しょう症
・関節リウマチ
3.上半身の疾患に欠かせないエクササイズ
4.上半身に疾患を持つクライアントにお薦めのエクササイズ

 

ワークショップ講師 ピラティスマスター紹介

Pilates Education Institute (PEI)創始者
ミシェル・ファルカーソン

PMAで認定されているミシェルは、約20年のピラティス指導歴を持ち、
クラシカル、コンテンポラリースタイルどちらにも精通している、幅の広い
指導で有名なマスタートレーナーです。

ミシェルは、バレエを子供たちに指導しつつ、ピラティスのみでなく、
ヨガ、フィットネス等多様なセミナーをアメリカとカリブ海を初めとする
様々な地域で開催してきました。米国で有名な雑誌である
Shape Magazineや、Women’s adventure magazine
にも掲載されたこともあるマスタートレーナーです。

また、Pilates Education Institute (PEI)という
ピラティス指導者プログラムの創始者として、PMAの条件を
満たす指導資格はあっても、指導者トレーニングプログラム
を持たないスタジオのコンサルタントとしても活躍し、アメリカ
だけではなく、ヨーロッパやアジアでも60以上のクライアントスタジオ
を持つ、マスタートレーナーです。

ミッシェルマスターからのメッセージはこちらです↓↓

 

ワークショップ映像申し込みフォーム

■お申し込み内容

■氏名*

■E-mail*

※ezweb.ne.jpやdocomo.ne.jpでは、動画情報を含んだメールが届きません。
お手数ですが「@pilatesamerica.net」からのパソコンメールを受信できるよう迷惑メールの設定を変更下さい。
もしくは、パソコンのアドレスを入力してお申込み下さいませ。

■TEL*

■ご住所*

■ピラティス経験年数*
未経験1~3年4~6年7~9年10年以上

■ご質問があればお気軽にお知らせ下さい。

個人情報の取扱と免責事項について同意する
「個人情報の取扱と免責事項」について同意される方は、チェックを入れた後、以下の「送信ボタン」をクリックください。
プライバシーポリシー・免責事項は「個人情報の取扱と免責事項」をクリックすると表示されます。

ご注意:
※振込情報を含んだ自動返信メールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがございます。
 お申込み後のメールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認ください。それでも届かないようでしたら、
 お手数ですが、以下のリンクより、ご連絡下さいませ。どうぞ宜しくお願いします。
 ご連絡先
※当日は4時間のワークショップでしたが、編集後の映像の長さは、3時間40分程度となっております。
※ご購入後の流れ
 上記、お申し込みフォームから、内容を送信頂くと、お振込情報がメールにて届きます。
 お振り込みを確認させて頂き次第、1日以内にオンライン動画へのURLを送付させて頂いております。
 (お振り込み完了された旨、お知らせ頂ければ、その後のプロセスを早く進めさせて頂けます。)

 

ワークショップ参加者の声

過去のワークショップの様子

東京 銀座

 

東京 練馬

 

静岡

 

長野

 

埼玉

 

愛知

 

大阪 北浜

 

大阪 堺

 

兵庫

 

福岡

 

運営会社について

私たちLALA STYLE (PSGA USA)は、ピラティス創始者であるジョセフ・ピラティス氏が考案した
クラシカルスタイルのピラティスエクササイズを受け継ぎ、日本ではPSGA Japanと共に活動をしています。

ピラティス氏に指導を受け、本物のピラティスを伝えるマスター達をエルダーと呼びますが、
そのエルダー達に直接認定された、優秀な第2世代マスターを招聘し、日本のピラティス業界のレベル向上に貢献しています。

更に、運動指導者として大切なコミュニケーションスキル等を学び、クライアントから信頼される、
魅力あるインストラクターを育成しています。日本でのピラティスの今後の発展に貢献し、
皆様が心身ともに健やかな生活を送れるよう尽力しています。

 


ページトッププライバシーポリシー