アスリートがピラティスで手に入れる「5つのメリット」を知ってますか?

 

『本場のピラティスで、あなたの大切な人が健康で幸せに | LALA STYLE』

こんにちは、 LALA STYLE (PSGA USA)代表 MASAKIです。

今週も、LAからピラティス情報をお知らせします!!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
アスリートがピラティスで手に入れる5つのメリットを知ってますかはてなマーク

基本的に、

アスリートがピラティスをトレーニングに
取り入れると、ボールをより遠くへ

蹴れるようになりますビックリマーク

また、もっと速く走れるようになり、

もっともっと高くジャンプできるようになります!!

これは、皆さんご存知ですねはてなマーク

これらの動きは、どのスポーツにでも当てはまります。

テニステニス、野球野球、陸上走る人、サッカーサッカー・・・等々

なので、

色んなスポーツ選手にピラティスを

導入してもらい、効果を実感して

もらいたいですねベル

今週は、

PHIの創始者ルビーさんと

NFLのジャスティン・ブラウン選手の記事
をご紹介します。

アスリートが、ピラティスから得られるメリット

を確認してみて下さいね。

「アスリートがピラティスで手に入れる5つのメリット」

メリット1.柔軟性を作り出す安定したコア
ピラティスで得られるコアの強さ

が柔軟性をも向上させるんです!!

これは、

最近のリサーチでも証明されていますが、
スピードを付けるのに特に重要な、

ハムストリングの長さと柔軟性が、

コアの強さにより、促進されるのです。

また、これは、

走る際のストライドの幅を大きくさせ、
スピードの増加に直接繋がります。

逆にコアが弱いと、

ハムストリングスは柔軟性を
失う傾向にあると言われています。

レッグプルフロントエクササイズが、コアを強化しつつ、

ハムストリングスの柔軟性も高めますダウン

メリット2.爆発的なパワー
ピラティスリフォーマーのスプリング抵抗

をジャンプボードと共に活用することで、

理想的なプライオメトリック・トレーニング
が可能になり、爆発的なパワーが

出せるようになりますビックリマーク

爆発的なパワーを生み出すのは、

3か所(足首、膝、股関節)の伸展の動きが重要ですが、

これらを効果的に行う為には、

各部分の『強さ、可動域、タイミング』が必要です。

これらを効率よく学べるのが、

ジャンプボード付きのリフォーマーなのです。

写真は、ジャンプボードを使用した

リー二ングフットワークとジャンピングですダウン

メリット3.正確な動き
ピラティスは、マインドとボディのコネクション

を重要視しており、アスリートは、ゲームの中の

一つ一つの動きを意識して行うことを学びます。

各動きを意識して行い、

身体の位置関係に注意を注ぐことで、
敏捷性やアラインメントが改善します。

今までよりも、自分の動きに気を配り、

効率的に動くことで、怪我は減り、

実際のプレイも改善されるのです。

例えば、NFLワイドレシーバーには、

ボールをしっかりとキャッチできる範囲

を広げることがとても重要です。

ピラティスエクササイズでは、

強く、長いリーチを作り上げる一方で、
脊柱を安定させ、広背筋、上腕二頭筋、

胸筋のバランスを整えることで、

腕の長さを伸ばすことに繋がります。

お薦めのエクササイズは、

リフォーマーボックスを使用したプローン プレスアウト、

シーテッド プッシュスル―(キャデラック)。
リングを使用したロング バック ストレッチ(写真)ですダウン

メリット4.選手寿命
普通の大人は、30歳の時点で、バランスを保ったり、
動きをつかさどる股関節とのコネクションが弱まってくる
と言われています。

また、特に速筋繊維の中の全体的な筋肉量も減りだす
と言われています。

特に早くそれが見られるのが、傍脊柱筋群、臀筋、
上腕三頭筋、腓筋で、年齢を重ねたアスリートの
場合は、そこをどう対処するかが問題になります。

ピラティスエクササイズでは、筋肉のバランスを整え、
年齢と共に起きる姿勢の変化を改善できます。

健康な動きのパターンを身に付けることで、怪我を
なくし、ゲームに出場し続ける体にするのです。

お薦めは、

リフォーマー上のフットワーク、

ブリッジング バリエーション、
サイド ライイング レッグスです。

メリット5.効率的な全身ワークアウト
ピラティスは、効率的に

全身を鍛錬することができます。

たった15分で構成された、

以下のようなプログラムダウンでも、

身体の全ての筋肉を強化できるのです。

アスリートは、これらを

通常のコンディショニング

ルーティンに追加して行っています。

これらの動きは、

アスリートには新しいものも含まれることもあり、
フレッシュなルーティンとして喜ばることもあるようです。

15分のマットワークアウトルーティン
ストレートバックブリッジとシングルレッグブリッジダウン

レッグプルバックダウン

ソーダウン

エアプレインダウン

マーメイドダウン

オリンピックも2年後に控えて、
アスリート熱が高まってきていますので、
より多くの方々のトレーニングに、ピラティスを
取り入れてもらい、日本のオリンピックチームが
健闘できるように、していきたいですね。

^^^^^^^^^^^☆お知らせ☆^^^^^^^^^^^^

「アスリートの為のピラティス」

「ゴルフピラティス」

「上半身の疾患に対応するピラティス」

「下半身の疾患に対応するピラティス」等

参加費約38000円(約4時間)のワークショップを
税込17280円で、動画にてご提供中ですダウン

http://pilatesamerica.net/workshop/

【私達のワークショップ映像の特典】

・当日配布されたマニュアルも、ご覧になれます。
・何度でもオンライン動画をご覧になれ、より深く理解できます。
・日本語通訳も含まれております!!

詳細は、以下のページからどうぞダウン
http://pilatesamerica.net/workshop/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

最近、ピラティスワークショップが
日本でも、沢山開催されてますね。

選びきれない数のワークショップですが、
その中でも、本当に興味のあるテーマはなかなか
見つからなかったりします・・・

また、興味のあるものが見つかっても、
開催地が遠いと、参加できなかったり・・・

テーマは興味あっても、講師のレベルが分からないと
参加するべきかどうか迷われると聞きます・・・

そこで、学びたいと思われる、
または、知識を深めたいテーマ
を教えて頂けますか?

私達は、年に4回、日本の8か所の大都市で
第2世代マスターのワークショップを開催して
いますから、お近くにも参ります!!

また、ピラティスエルダー達に直接認定され、
日本よりもはるかに競争の激しいLAで
勝ち残ってきた第2世代のワークショップなら、
レベルを心配されることはありません。

なので、宜しかったらこちらのサイト
から、興味のあるテーマを教えて下さいね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

更に、PSGA提携校を募集中!!

PSGAの規模拡大に当たり、引き続き、

提携スタジオを全国で募集中です。

提携スタジオになれば、こんなメリットがダウン

PSGAのサイトで、提携校として紹介、

スタジオの認知度アップに貢献します!!

PSGA認定コース受講生が、お持ちのスタジオでインターンを行うことで、
ピラティストレーナーとのネットワークが広がります。


自己練習や指導練習でスタジオをレンタルさせて頂くので、

空き時間を 有効活用できる。

(レンタル料は自由に設定頂けます)

お願いしたいことは、たったこれだけですダウン
インターン時間確認のQRコードをプリントアウトし、
インターン生にスキャンさせて頂く。

ご興味があったら、こちら↓↓まで、ご連絡下さいね!!
📨 sales@pilatesamerica.net

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

『腰痛と脊柱疾患に対応するピラティス』

ワークショップ動画が今だけ無料!!

東京銀座で行われた、参加者が約47000円をかけて受講した

内容の前半が、今だけ無料でご覧になれます。

期間限定の無料期間が終わる前に、
こちらのフォームからどうぞ!!

LAのピラティスマスターのWS映像から学べます!ここをクリック!

                 

2

About the author: pilatesamerica

Leave a Reply

Your email address will not be published.