栃木県理学療法士会

みなさん、今週もブログを読んで下さり、有難う御座います

今週は、

栃木県理学療法士会のウェブサイトにTochigi

ピラティスアメリカが紹介されることが

決定されましたので、御知らせします
(紹介内容は、大枠で以下のような感じになる予定です)

============================
ピラティスは、アメリカで確立され、
世界へ広がったリハビリテーション方法です。

日本で理学療法士として活躍されている皆様へ、

「ピラティス資格コース」のご紹介です。

ピラティスの本場「アメリカ ロサンゼルス」へ、毎年、

日本よりたくさんの理学療法士様がおいでになり、

ピラティスを学ばれ、日本にいる患者様の

治療に役立たせていらっしゃいます。

日本でピラティスといえば、ヨガと並び、

エクササイズのひとつとしてのイメージが強いです。

ですが、元来は、戦争で傷ついた人たちのリハビリ・社会復帰の為に、

看護師ジョセフ・ピラティスにより考案されたもので、

「個人の体形・怪我の状態に合わせた治療」を可能とするものなのです。

エクササイズとしても広まったことで、医療の専門家だけでなく、

より多くの人たちに受け入れられている

ピラティスですが、ただ単に、エクササイズを定期的に行った結果、

骨の歪みがとれ、肩の凝りがなくなった方や、

体の内側の筋肉が特に鍛えられる為に、姿勢が良くなり、

疲れにくくなった等の症例もあります。

本格的にピラティスをリハビリに使用することで、

患者さんの回復を、効果的に早められるかもしれません。

日本の現場で実践されている「理学療法論」と

「アメリカのピラティス」の融合を通して、

理学療法業界の更なる技術の向上に、

お役立て頂ければ幸いです。

コース参加者の声はこちらです。

「アメリカに来て、集中してコースを取ったのが良かったです。
クラスで学んだ事を、器具を使い、毎日反復練習できるから、理解が深まりました。
日本で、様々なピラティス勉強会やワークショップに出てきましたが、説明を聞いて、
理解、練習して身につけたつもりになっていても、実際、患者さんの前で、
思った程のレベルに達していないのに気がつくことがありました。
今回のように、何度も気が済むまで練習し、先生に確認しながら身につけると、
明らかに到達できるレベルが違います。
また、理学療法士として、ひとつ上のレベルへ到達できたのが、本当に嬉しいです。」============================

それでは、また来週

About the author: pilatesamerica

Leave a Reply

Your email address will not be published.